技術・ソリューション

省エネ、省CO2、快適空調など最適な技術・ソリューションをご提供します。

膜ろ過装置《クリプトスポリジウム対策装置》

クリプトスポリジウム対策に、先進の精密ろ過膜を用いた処理技術とシステムをご提案します。

圧力式ろ過装置外観

旭化成ケミカルズ社製のマイクローザMF膜を採用

膜モジュール型式 UNA-620A UNA-600A
水道用膜モジュール企画認定番号 第248号
膜の種類 精密ろ過膜(MF)
膜材質 高結晶化構造 ポリフッ化ビニリデン(PVDF)
膜の公称孔径 µm 0.1
有効膜面積(外表面) m2 50 23
標準設計ろ過水量 m3/h 2〜10 1〜6
モジュール寸法 mm 2,338L×φ165 1,234L×φ165
モジュール
重量
満水時 kg 60 30
空重量 kg 30 15

圧力式ろ過装置外観

膜モジュール

水道用膜ろ過設備認定取得

財団法人水道技術研究センターより平成19年7月1日付けで水道用膜ろ過設備として「浄水用設備等の技術認定に関する規程」に基づく認定を取得しています。

製品の特徴

高いクリプトスポリジウム除去機能

孔径0.1µmの精密ろ過膜により、クリプトスポリジウム等の微生物を物理的に分離して、安全な水を提供します。

凝集剤が不要

中空糸膜の外面から内面にかけて孔径寸法がほぼ均一のため高い分離性能を発揮。通常凝集剤が不要で、原水水質の変動によらず、ろ過水濁度0.01度未満を維持します。

高いコストパフォーマンス

物理的強度・耐薬品性に優れたPVDF材質を採用。高強度、高流速によりイニシャルコスト、ランニングコストおよび設置スペースを削減します。

中空糸膜

工業用水道、小規模水道、簡易水道および上水道等、各種浄水プロセスに適応

処理の流れ

膜ろ過装置は膜モジュール化をはじめ、ろ過および洗浄工程を全自動で行うための動力や計装類を備えています。
膜洗浄にはエアースクラビングを併用した逆洗方式を採用し、長期間安定運転を実現します。

ページトップへ戻る

スペシャルコンテンツ Special Contents

  • ヤマトPR誌 和's YAMATO
  • 自然との共生を目指す癒しのビオトープ園 YAMATO Biotope Garden
  • ヤマトネイチャーサークル YAMATO Nature Circle