採用情報

社員インタビュー

営業マンは会社の顔・社会の窓

環境事業部 営業二部 営業課(営業)A.Mさん

これが私の仕事です。

「営業マンは会社の顔・社会の窓」

主に上下水や水処理プラントを担当する部署で営業をしています。
日頃の営業業務ではお客様を訪問し、今後の施設改修の計画や、日々の施設運転における困り事等の情報を収集し、社内の各部門と協力しながら提案活動等を行い仕事を生み出していきます。また、受注が決まってからも工事の進行に伴う様々な打ち合わせや、工事代金の回収業務、さらにはその後のメンテナンス等様々な場面において営業マンはお客様と直接接する会社の窓口となります。その為、仕事を円滑に進めるためには営業マンが会社の顔としてお客様と地域社会に信頼され、良好な人間関係を構築することが必要不可欠です。
お客様からの営業マンに対する信用は、ヤマトという会社への信用といっても過言ではないので、日頃から誠意をもってお客様と接するよう心がけています。

だからこの仕事が好き! 一番うれしかったことにまつわるエピソード

「工事完成時の感動」

営業の仕事は第一に仕事を受注することです。時には規模の大きな案件の営業を担当することもありプレッシャーを感じることも少なくありませんが、その分無事にお仕事を頂けた時にはホッとすると同時に日頃の仕事の成果を感じることができます。
 また、私自身は実際のモノづくりに携わるわけではありませんが、自分が営業を担当させていただいて、お客様と何度も打ち合わせをしながら進めた工事が完成した時には感動がありますし、お客様のニーズに応えられたと実感できたときは、自分の仕事にやりがいを感じます。

ズバリ! 私がこの会社を選んだ理由 ここが好き!

「ヤマトでのインターンシップが決め手」

私は学生時代は土木を専攻しており、それを生かしてインフラ整備等のモノづくり等の現場で働きたいと考えていました。その中でヤマトには学生時代にインターンに参加させていただいた際に、現場で実際の仕事を見せていただき非常に親切にしていただいたことや、最終的には地元群馬で働きたいと思いヤマトへの入社を決めました。また、ヤマトは堅実な経営方針で財務状況が非常に良かったことも選んだ理由の一つです。現在は営業職ですが、機会があれば現場管理や設計等、技術部門の仕事にも携わってみたいと思っています。
また、実際に入社してみて感じるのは面倒見のいい先輩が非常に多いということです。わからないことや悩みがあるときでも必ず誰かがフォローをしてくれるので、安心して仕事に臨むことができる会社だと思います。

採用情報

  • エントリーはこちら
  • リクナビ2018にリンクします。
  • リクナビ2018
ページトップへ戻る