採用情報

社員インタビュー

もちろん設計図面も書きます。
ただ、図面を書くだけではありません。

ソリューション設計部 ソリューション課(設備設計)T.Fさん

これが私の仕事です。

「もちろん設計図面も書きます。ただ、図面を書くだけではありません。」

お客様の要望を会話の中から的確に聞き取り、お客様を満足させるには、どのように建築設備システムを組めば最適か、コストと効果の両面から考え、お客様に最適な建築設備システムの提案を行います。そして、お客様と打合せして決定した内容は図面に表現し、現場へ引継ぎます。
私も最初、設計部ってどんなことをやるのかな?計算をして、図面を書いて、パソコンに1日中向かっている。そのようなイメージがありました。しかし違います。お客様と直接会う場面も多く、打合せの席で説明・プレゼンも行います。話すことが苦手ですが、うまく伝わるように努めています。
現在は、設備一級建築士の資格取得を目指して、建築・設備の両面からお客様の悩み・困りごとの解決のアシストができる、技術者になれるよう業務に取り組んでいます。

だからこの仕事が好き! 一番うれしかったことにまつわるエピソード

「関係者皆で1つのものを作り上げていくよろこび」

お客様と現場と設計者とで、それぞれの立場から共に、より良いものを作るという目的のもと、無事竣工・引き渡すことができるように力を合わせます。
自分で書いた図面が実際に形となり、機能するようになるまでは正直大変なこと・悩むことの方が多いです。しかし、苦労した分、竣工・引き渡しを無事迎えることができ、新たにできた建物内で、社員の方が働いていたり、工場が実際稼働している様子を見ると、「大変だったけどよかったな」と達成感はとても大きいです。

ズバリ! 私がこの会社を選んだ理由 ここが好き!

「建築設備のプロフェッショナルになりたい」

大学で、意匠・構造・設備・電気の建築の各分野に関する基本的な内容を学んできた中で、私は、設備の分野に一番興味を持ちました。そして、地元の群馬で就職したい、また、大型の物件をやりたいという思いがあった中で出会ったのがヤマトです。
また、この会社を選んだ理由の1つに、設備に関する知識・技術の教育を入社1年間、教育センターでみっちりと受けられるということも、建築設備のプロになりたかった私にとって魅力を感じました。

採用情報

  • エントリーはこちら
  • リクナビ2018にリンクします。
  • リクナビ2018
ページトップへ戻る