採用情報

社員インタビュー

様々なエキスパート(とその卵)が活躍しているヤマト

設備設計部 流通設計課(設備設計)M.Yさん

これが私の仕事です。

「視野をワイドに、クオリティの高い仕事を目指しています」

設備設計の仕事は、空調・衛生設備の機器選定、配管・ダクトルートの決定や作図業務の他、お客様や意匠・構造・電気設計との打合せ、インフラ調査、現地調査、各官庁打合せ等、多岐に渡っています。お客様のご要望に基づき、コストやメンテナンス性、省エネ性を考慮した提案を行いながら、設計図を作成していきます。ヤマトでは3DCADを使用しているので、施工イメージや各方面との納まり検討時にもCGや断面データで瞬時に確認できます。 
社内的には、営業から仕事を受け、工事へと引き継ぐ役割を担っていますが、工事に引き継いで終わりということではなく、施工中も現場にて設計図との相違を検証し、精度の高い設計図を作図できるよう努めています。

だからこの仕事が好き! 一番うれしかったことにまつわるエピソード

「竣工時のやりがいは格別!」

ヤマトの入社後の研修では、教育センターでの研修の他、現場での研修があります。着工から竣工までの業務に携わることができ、竣工時には達成感を感じ、ものづくりの面白さを学びました。建築・電気・設備各業者の全員が一丸となって、ひとつの良いモノを創り上げていこうという現場の姿勢や雰囲気がとても好きでした。
ご縁があり、現在は現場実習でお世話になったお客様の設計担当をさせていただいています。工事から設計へと立場は変わりましたが、どの物件にも思い入れがあり、竣工時はやはり嬉しく、やりがいを感じます。また、お客様をはじめ、建築・電気等関係会社の方々と現在も設計者として一緒に仕事ができることに日々喜びを感じています。

ズバリ! 私がこの会社を選んだ理由 ここが好き!

「様々なエキスパート(とその卵)が活躍しているヤマト」

ものづくりの職に就きたいと思い、建設業を中心に就職活動をしていました。
ヤマトの就職面接・会社訪問の際には、興味のある部門についての説明をいただいたり、実際に見学する機会を設けていただき、”会社の雰囲気”や”人”に魅力を感じました。
大学の専攻分野(地質関係)とは異なる職種ではありましたが、ヤマトでは1年間教育センターでの研修もあり、建築系、機械系、電気系、化学系など、さまざまな分野出身の方が多部門でご活躍されていると伺い、私も頑張ってみよう!とヤマトに決めました。
実際に、設備の知識がなく入社し、現在も日々勉強中の私にとって、現場実習等研修中の経験は今でも大きな支えとなっています。

採用情報

  • エントリーはこちら
  • リクナビ2018にリンクします。
  • リクナビ2018
ページトップへ戻る